今朝、夫から凄く良い言葉を聞いた。
子供がモタモタしてる時、やらんで良いことやってるーって思う時、手元を見るからイラつくんだ。でも顔を見るとね、目を見るとね、とても集中してやってるんだよ。一生懸命なの。だから顔をみてるといくらでも待てる、と。

エマ・ワトソンが挑戦する“新しいフェミニズム”の取り組み [via: UN Women 2014]

yuma-matsumoto:

国連の新しいプログラム「HeForShe」のスタートに当たり、女性親善大使を務める女優、エマ・ワトソンが国連本部で行ったスピーチを日本語訳しました。

「HeForShe」は、女性の地位向上を目指す運動を女性たちだけで推し進めるのではなく、男性とも歩調を合わせて行ってゆくことを目指した国連のキャンペーンです。

映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役で知られるエマ・ワトソンが、国連の”Women Goodwill Ambassador

何もしていないのではなく、アイドルとして余計なことは何もしていないのです。それはかつてのっちが答えたアイドルとは何かという質問に集約されます。

「事務所の方針に、ちゃんとあったことを、作曲も作詞もしないで、出されたものをぱっとやるのがアイドルだよ」

Perfumeは出されたものをぱっと出来るよう、トレーニングを怠らなかっただけです。

奇しくも松任谷由実も、作詞をしてみたいと相談してきた松浦亜弥に同じような回答をよせています。引用元(松任谷由実×松浦亜弥 - ぼくのにっきちょう)

松浦:・・・)なんかやっぱりこう、自分の思う気持ちっていうものを歌いたいなぁと、思っているんですが。

松任谷:いやぁ、厳しいこと言うようだけど、妙にしない方がいいよ、作詞とか。

松浦:えぇ、そうなんですか?

松任谷:うん、その方がカッコいい。人が書いてきたものを、自分のものにしちゃって歌えるっていう方が素晴らしいと思う。

中略

松任谷:別に、人が作ったものでも、自分のでも関係ないと思う、私は。で、その吸引力を持つことが大事だと思う。